24-7
こてこて日本人のこてこてアメリカ生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
根性の無い息子
ん~、ん~、ん~......悩んでいます。悩んでしまいます。

みなさん、子育てどうやってしてます?私、自分の子育て間違っている気がして仕方ありません。

昨日の出来事。

息子に最近ドラムのレッスンをサボっていたので、練習した?と聞くと、突然ドラムのレッスンを止めたいと言い出しました。

で、理由を聞くと、.....難しくなってきたから.....。
ということでした。

ピアノでもドラムでも、どんどん難しくなって、練習をしないとついていけなくなるのは、どれも同じだと思うんです。それを乗り越えて、本当に楽しさを実感できるんじゃないでしょうか。

娘はピアノをしてますが、出来ないとくやしくて泣きながら練習してます。

そんな妹の姿を息子も見ているはずなんですが、自分は努力(練習)するのがイヤならしくって,,,,

息子いわく、

「体操好き!続けたい!」
(体操といっても、遊んでいるだけですから)

「サッカー好き!続けたい!でも、リーグには入りたくない!」
(みんなでボールを蹴りあえたらそれでいいらしい)

「ドラムは難しいから止めたい!」
「日本語の勉強もやりたくない!」

サッカーでも、体操でも、別にうまくならなくてもいいらしいんです。自分が楽しければ。

日本語の宿題は、私(おか~やん)が、押し付けてやらせてるって言われました....

私は、いづれ日本に帰国したとき、漢字がわからなかったら、息子が苦労をすると思って少しでも助けてやりたいだけなんです。(伝わってない....)

ドラムの方は自分の楽しい域から、難しい、要練習の域に入ってしまったんでしょう。

かっこいいドラマーになりたい!でも、練習するのはイヤって.....。

これでいいの??
アカンやろ!!努力せずに、何でも出来たら、天才やんか!!
みんな誰だって、努力してんねん!

息子は全く”根性”がない!それで、息子に言いました。

「あんたが、これは誰にも負けへん!っていえるもの一つでいいから、見つけてみ!」

すると、息子
「ん~サッカーかな.....」

「それなら、リーグに入って、しっかり教えてもらう?トレーニングもせなあかんで」

「イヤや!リーグは練習いっぱいするからいや!つらいことはいや!!」

こんな会話をしていたら、聞いていたおと~やんが吼えた!!

「お前はもう、何もせんでいいっ!!!全部止めてしまええええ!!」

もちろん、息子は号泣。

「いやや~やりたい~、いやや~」

するとおと~やん、
「おいっ!R、根性って意味わかるか?」

首を振る息子。

父「国語の辞書もってこいっ!辞書で意味調べてみ!」

辞書を持ってきて、必死に調べる息子。

息子「物ごとをやりぬこうとする強い心って書いてある」

父「そういうことや!わかるか?物ごとをやりぬくって、どういうことか分かるか?」

息子「物ごとを.....止めること.....?」

父「ちゃううううう!!反対や!物ごとを止めずに続けることや!!それが根性!強い心や!!」

息子「..........」

絶対わかってないと思う.....

こんなに根性のない子、私は見たことがありません。こんな小さいうちから、つらいことを避けよう、努力をしないで楽をしよう、と考えるのってアカンでしょ??一人前の大人になれへんでしょ??楽しいことがすべてって.....

8年間の育て方、まずかったんでしょうか?

どうしたら、根性ってつくんでしょう。
続けることの大切さって、いつわかるんでしょう。
男って、いずれ、一家を背負って、つらくても苦しくても家族のためにがんばらないといけなくなります。

そのとき、息子は、大丈夫なんだろうか.....。
仕事だって、つらいから止める!って簡単に言いそうで怖いです。

根性、根性、根性、ど~したらいいやろ....。

ちなみに、3人で話し合って、とりあえず状況維持をすることにしました。息子ももう少し、ドラムをがんばってみることにしました。この壁を乗り越えて、何かをわかってくれたらいいのですが。

子供も一人の人格ある人間であることは認めているんです。でも、親の出番ってまだまだ多いですよね。子供のどこまでを認め、どこから親の意見を入れていくか、すごく難しいです。

だから我が家は家族会議がやたら多い気がします。ひたすら話し合い、お互いの意見を聞かないと、伝わらないですから....。

子育てむずいぞぉおおお~(T_T)

countrykitchen

プリって押してねー。
↑↑↑↑↑↑↑↑ さぁ、プリっとプリっと♪





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。